現実にノートパソコンの画面の前に座り止まることなく上下動している為替レートを目を向けているとすぐに売り買いをするという衝動に追い立てられる場合も多かったりします。牡蠣 サプリ

だがしかし、はっきりしない思いつきで売買することは避ける必要があります。ロスミンローヤル 評価

ご存知の通り、外国為替相場は24時間どういう時でもどこかで為替相場がオープンしているし、為替相場もどういう時でも動いています。免疫力 腸

とは言っても、立て続けに売り買いを積み重ねると、その回数分だけ損失を被る可能性が上がります。遺産 相続 手続き 期限

当たり前ですが、トレードの数を重ねることによって、少しずつ稼げる確率か半々になっていきます。ビルド マッスル hmb 楽天

しかしそれは「ぼんやりとした勘で売り買い」とは別の話です。運転資金借入 無担保

注文回数を重ねるとは自分自身が「ここはいける」と考える感覚を持ったところでの売買回数を積むという意味である。5αSPローション

特段の理由も無く、休む間もなく取引を積むのとは全く違います。ゼロファクター amazon

外国為替市場の勝負に負けないためにはあなたが緩急をつけることこそが不可欠です。グリーンスムージー

「ここで勝負」と感じた外国為替相場の時には思い切って持っているポジションを買い増して、積極的に利益を追求します。

「難しい外国為替相場で、どう推移するのか考え付かないな」と思案した時は、諦めて保持ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もしません。

それぐらいのメリハリをつける方が結果的には売買は勝利します。

外国為替相場の格言には「休むも相場」というものがある。

まったく言葉どおりだと思います。

FXとはいつでもポジションを所持する事が全部ではなく、ポジションを持たずに静観していることも状況によっては取引です。

それでは、どういう時に、休みどきなのでしょうか。

ひとつめは、先述した通り、これから先の外国為替市場が今ひとつよく見えない時。

現状から高くなるのか安くなるのか明確でない時は、分からないまま行動すると、自身の作ったシナリオとは違った方向にマーケットが動いてしまい損する事になってしまいます。

そのようなケースではポジションを閉じ何もしないで様子を見ているのが最良の選択です。

第2に、あなた自身の体調がよくない時です。

健康状態と市場に関係ないと感じる人もいるだろうが。

実際には意外と関係あります。

体の状態が悪い時はマーケットの決断しなければいけない場面で冷静な決断を下すことが出来ない場合があります。

気乗りがしない時は外国為替相場から距離を置くことも大事な事です。