かつて1980年代までの小学校における「集団登校、下校」に対する児童やその両親の意識は「災害時の非難訓練」という意識で、集団登校や下校に対して「特別な意識」を持って望む児童や両親は非常に少なかった時代でした。素行調査の費用と相場

「集団登校、下校」は「面倒くさいけれど、決まりだから行う」位の認識しか当時の児童や両親には無かったのです。

その小学校における「集団登校、下校」が現在は避難訓練以外の時でも日常的に行われる様になりました。

現在の様に日常的に小学校において「集団登校、下校」が行われる様になった原因は、90年代中頃より日本で増加し始めた「学校の児童を狙った犯罪」が関係しています。

80年代までは「小学校の児童を無差別に狙う」種類の犯罪はそれ程多くありませんでした。

しかし、90年代中頃より弱い人間の対象としての小学生児童を狙った卑劣な無差別犯罪が繰り返される様になり、学校側が対策としての「集団登校、下校」を行う様になったのです。